バイオリンの弓に関する雑学的知識と推察

バイオリンの弓に関する雑学的知識と推察

楽器が好きな方や興味を持たれている方にとっては、その楽器に関する雑学的知識にも関心があるという方も多いのではないでしょうか。 バイオリンは一般的にもよく知られているピアノなどと同じように知名度の高い楽器ですが、長い歴史を持つ楽器で16世紀の初めごろに世の中に現われたと言われています。 また現在までに形態にも様々な改良が加えられきましたが、こういった長い歴史を持つバイオリンですから雑学的知識も豊富にあるようで、音楽評論家によって書かれたバイオリンの雑学に関する事典なども出版されています。 そういったバイオリンに関する雑学の中でも弓に関する雑学的知識についてですが、弓は馬のしっぽで作られていて、1本に対して150本程度の毛を張り合わせて作られています。 バイオリンの音色は音に感情が込められたようにすすり泣くような音色で心を揺さぶる楽器だと言われていますが、この音色は弓に秘密があるのではないかという推察があります。 その推察では馬の尾の毛をまとめたバイオリンの弓に松脂が塗られているので、この松脂の粘性と摩擦力の関係で1秒間に細かい揺れを何百回と発生させる事であの音色を奏でられると考えられています。

注目サイト



Last update:2020/7/8