バイオリンの弦の張替え時の注意点について

バイオリンの弦の張替え時の注意点について

バイオリンの弦の張替えは、難しいと感じて楽器屋に頼む人も多いかもしれません。 しかし、いくつかの注意点さえ守れば、誰でも簡単に張替えることができます。 初めて自分でバイオリンの弦を張替えるときは、注意点を守っておこないましょう。 バイオリンの弦の張替えで難しいのは、G線とE線です。 特にE線を張替えるときには、駒のガードが気になるものです。 間違えて取らないように気を付け、E線の駒のガードは指板側に出さないようにしましょう。 またG線とE線は、糸巻きに弦を巻くときに少しだけ注意しなければいけません。 うまく巻くことができないと、G線とD線、E線とA線が交差することになります。 詳しいバイオリンの弦の張替えについては、ネットに投稿されている動画を参考にしましょう。 文字で説明をするよりも、実際に作業をしているところを見る方がわかりやすいです。 初めて挑戦するときは、動画を参考にしながらバイオリンの弦を新しくしてください。

未だ解明されていない楽器がバイオリン

「バイオリン(ヴァイオリン)」とは弦楽器の一種で、材質は主に木(マツやカエデ)で作られています。
f字孔(えふじこう)と呼ばれる孔(あな)が二か所開いた本体(ボディ)と「うずまき」と呼ばれる先端の装飾部分が特徴的です。
楽器本体に張られてある4本の弦を、馬の尻尾の毛が張られた弓で擦って音を出します。
楽器を支える左手、弓を持つ右手とも様々な奏法があり、演奏には技術が必要ですが、楽器のサイズは子どもが弾ける大きさのもの(分数楽器)が作られており、就学前の子どでも練習することができます。
「バイオリン」は、少人数で弾く室内楽曲から、大人数で弾く交響曲などの演奏に用いられるほか、単独で弾く無伴奏曲の演奏にも用いられます。
ある程度の低い音から非常に高い音まで広い音域を出せることから、概ね主旋律の演奏を担当します。
楽器の形が300年前からほぼ変わっていないため、1700年代に作られた楽器が現代でもよく演奏されています。
保存状態が良く、美しい音を出す楽器は、オークションなどで非常に高値で売買されることがあります。
特にアントニオ・ストラディバリが製作した「ストラディバリウス」と呼ばれる楽器は、300年以上前のものでありながら、現代でも最高峰の楽器とされています。
しかしながら、なぜそのような美しい音が出るのかについては未だ謎とされており、現代の楽器製作者の中には最先端の科学技術を駆使してその謎を解明しようとしていまる人もいます。

Favorite

中国紙幣の買取業務を行っています
プリスクールに都筑区から通えます
ピクチャーレール

2019/11/8 更新